買取事例

『期日までに売却をしなくてはいけなかった』

イエトチナビ

Posted byイエトチナビ

札幌市北区篠路

 

概要

  • 売主の施設入居による資産処分、売却に期限あり 
  • 土地 約120坪、建物 築40年強の古家付き土地 
  • 建物に傾きあり。 
  • 両サイドに塀の越境がある 

 

 

住宅建築

 

現況有姿で購入。建物の解体塀の越境に関する覚書取得の上、土地2筆に分筆。新築住宅を当社企画で2棟建築し販売。 

 

 

詳細

売主が福祉施設へ住み替えするため、居住中の戸建を売却したいという相談がありました。住み替えのため、売却期日には期限があるという事情もありました。 

当該物件の現地調査及びラフラインの調査をした結果、築45年の建物については、腐食・雨漏り・傾きが確認されたため建物の活用は断念

土地として活用を考えた場合、両サイドの塀が隣地へ越境しているという事実が確認されました。 

当社では土地面積が約120坪強と大きく、また間口も広いため2筆に分筆し建売住宅としての販売が妥当と判断し現況有姿で購入。建物解体測量2筆へ分筆両側隣地との越境の覚書を取得し、その後、2棟の新築建売住宅を建築し販売しました。 

お役立ち資料のイメージイラスト

不動産売買のプロが作成したお役立ち資料を今すぐダウンロード!

資料無料ダウンロード

メールのイメージイラスト

売却をご検討中のお客様は専⽤フォームでお問い合わせいただけます!

買取依頼・無料相談