不動産売買 ケース別ガイド

空き家問題とは?処分しない主な背景と解決法

空き家

 

2015年5月に空き家等対策特別措置法が施行されて以降、近年「空き家問題」という言葉を耳にする機会が多くなっています。

総務省調査によると2013年時点で全国の空き家数は約820万戸となっており、全住宅の7戸に1戸が空き家という状況です。

さらに2018年の調査では約846万戸まで増え、全国の家に占める率からみて空き家率は13.6%と、過去最高の数字となっています。

 

空き家問題は特に、空き家の近隣住民側の視点から『景観や安全を損なう』との訴えが多く社会問題になっており、今後解決していく必要があります。

 

ここでは空き家を処分しない理由と共に、放置するとどうなるか、また問題の解決法についてご紹介します。

 

 

空き家を処分しない主な背景

放置された空き家

 

空き家が増加する原因の一つとして少子高齢化社会があります。家を所有する高齢者がサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)などへ転居していくことで今後も空き家は増えていくと考えられています。

 

また親の死後に空き家を相続したものの、建物を解体すると固定資産税が高くなってしまうために、家を処分できないケースも少なくありません。こうした税制の問題や、所有者の自宅から離れているといった物理的な問題など、空き家問題は簡単に解決できるものではありません。

 

その他によく聞く事例として、

「親が大切にしていた物を簡単に整理することができない」

「思い出の実家なので解体・処分を躊躇してしまう」など、気持ちの問題もあります。

 

 

空き家を放置すると起こるさまざまな問題と解決策

しかし空き家をそのままにしていると、さまざまな問題が発生します。

<空き家放置による主な問題>

  • 老朽化による屋根や外壁などの建材物の落下
  • 自然災害等の倒壊による隣地への被害
  • 放火による火災
  • 生い茂った庭木や雑草によ景観の破壊害虫害獣の発生

 

解決策としては以下が挙げられます。

<空き家問題の解決策>

  • 適正な管理をしてくれる会社へ費用をかけて管理を依頼(賃貸へ出す)する
  • 不動産業者へ売却する

後者については、家具や生活用品がそのままの状態でも売却することができます。

 

 

空き家問題の相談は……

イエトチナビでは、札幌の不動産に関する無料相談を行っております。具体的にどうすればいいのか、また上記では解決できない場合など、空き家の売却でお困りの方はイエトチナビまでご相談ください。

無料相談はこちら <>

お役立ち資料のイメージイラスト

不動産売買のプロが作成したお役立ち資料を今すぐダウンロード!

資料無料ダウンロード

メールのイメージイラスト

売却をご検討中のお客様は専⽤フォームでお問い合わせいただけます!

買取依頼・無料相談