売却の流れ

物件売却の流れ

  • Step
    1

    まずは自分で調べる

    売却の検討を始めたらまずは、自分の物件の価格はいくら位なのか自分で調べることから始めるとよいでしょう。
    一つとして同じものが存在しないのが不動産。同じ地域の土地でも大きさ、形、方角、接道状況などによって価格は変わります。また、同じマンションでも、階数、間取り、部屋の方位などで価格は変わります。
    このように、不動産価格はまちまちであり、物件ごとに詳細に比較する必要があります。
    同時に不動産には相場の動きが存在します。たとえ同じ不動産でも、取引時期によって価格が変動することもあるでしょう。したがって、不動産価格を判断する場合には、市況の動向も踏まえて、取引時期を検証することが必要です。もちろん、一般の方には難しいことですので、最終的には不動産会社などに相談することが良いでしょう。ただし、業者とスムーズに話を進めるためには、自分自身で事前に不動産価格のイメージを持つことが重要です。

    不動産情報をパソコンで調べる女性
  • Step
    2

    不動産会社を選ぶ

    不動産の売却方法については大きく分けて、「仲介」と「買取」があります。それぞれの基本的な内容を理解して不動産会社を選ぶ必要があります。

    「仲介」とは
    仲介業者に依頼して、購入希望者(=買主)を探すこと。インターネットなどの広告を利用して広く情報発信することで、より多くの人へ売却希望不動産を紹介することが可能となります。また、仲介業者は契約条件の折衝や手続などの調整もしています。一方で、買主が見つかるまで長く時間がかかることもあり、時間的に余裕がないと利用しにくいという点に注意が必要です。

    「買取」とは
    不動産会社が直接不動産を購入すること。売却までの時間が確定できるというメリットがあります。そのため、「確実に不動産を現金化したい」「買い替えが決まっている」「相続案件の処分に「困っている」「引渡しの時期を確定したい」といった人に適しています。また、プロである不動産会社が買い取るため、万一、住宅の設備などに欠陥があっても、売主は買主への責任を問われません。一方で売却価格は相場より低くなるケースもあります。

    ピースに嵌まる最適な会社を探す
  • Step
    3

    売却の相談をする

    不動産会社各社は価絡査定に独自のノウハウを持っています。複数の会社に依頼して売却価格を比較するのがよいでしょう。また正確に査定を行うため物件のマイナスになる情報をできるだけ提供することが望ましいです。特に仲介取引の場合、住宅に欠陥があった場合瑕疵を問われることがあるので、正確に情報を提供することが大切です。 この時、価格査定を依頼することとあわせて、買取基準を尋ねるといいでしょう。

    売却の相談をしているお客様と担当者